急性脳腫瘍の原因や治療方法は?24時間テレビドラマ山田涼介

ヘイ、ヴィロガー!

2015年の24時間テレビスペシャルドラマ「母さん、俺は大丈夫」

Hey! Say! JUMPの山田涼介さんが主演されると言うことで話題になっていますね。

その中で、山田さん役の諒平さんがなってしまう急性脳腫瘍ですが、どんな病気なんでしょうか?

症状と完治は可能な病気なんでしょうか?治療方法を合わせてご覧ください。

24時間スペシャルドラマ

関連記事:
Hey! Say! JUMP(24時間テレビ)のメンバーの名前!年齢は?

山田涼介さんが演じる諒平は、高校サッカー部の副キャプテンとなった矢先に、急性脳腫瘍を発病してしまう。

再びサッカーをやることを目指してもがいていく諒平をみて、サッカー部の仲間達は奮起し、地区予選で初の勝利を挙げる。

そんな中、難病の弟・証平にかかりきりだった母親が、諒平とあらためて向き合っていく・・・そんなストーリーです。

このスペシャルドラマは、この話を原作をしています。

サッカーボーイズ 明日への絆 君のためならがんばれる

主演山田涼介

今回、24時間テレビで初主演を務めるHey! Say! JUMP山田涼介さん

実は、今回で3回目の出演なんです。

関ジャニ∞の錦戸亮主演『にぃにのことを忘れないで』(2009年)

嵐の大野智主演『今日の日はさようなら』(2013年)

そして、今回の主演に選ばれました。今年は、V6もパーソナリティーと言うことで、岡田准一さんや森田剛さんといった演技派俳優がいる中での選出!

どんなドラマになるのか期待が高まりますね。

急性脳腫瘍

急性脳腫瘍というのは、頭蓋骨の中に出来る腫瘍です。

なってしまう可能性は2種類あります。

体のほかの部分に出来たガンが、転移してくる転移性脳腫瘍

脳そのものから腫瘍が出来てしまう原発性脳腫瘍

今回のスペシャルドラマでは、諒平がなってしまう急性脳腫瘍は、文字通りゆっくりではなく、急速に進んでしまうのです。

ガンや腫瘍と聞くと、良性や悪性によって分類し、手術等の治療方法をするのですが、脳腫瘍の場合は、脳の中に出来てしまうガンなので、他の部分を圧迫してしまうので、悪性良性にかかわらず、危険な状態なのです!

急性脳腫瘍と言うのは、どういう症状が出てくるのでしょうか?

症状

急性脳腫瘍の初期症状としては、頭が痛い吐く目がかすむと言うものがあります。

頭痛や嘔吐、視覚障害と言う症状が出る場合は、脳腫瘍が頭蓋骨内で、脳を圧迫するために起こってしまう症状です。

さらに、痙攣という症状もあります。

痙攣の原因もやはり、脳が圧迫されることで体に症状が出てしまいます。

でも、こんな症状が出てしまう急性脳腫瘍の原因は何なんでしょうか?

原因

急性脳腫瘍の一番怖いのが、原因が不明だと言うことです。

治療方法

脳腫瘍と言えば、治療法がない。というイメージが強いですが・・・

確かに、今でも死亡率が高く、治療が難しい病気となってしまっております。

しかし、最近の科学技術の進歩で治療方法があるんです。

放射線療法や化学療法で、長期生存できる方も増えています。

マイクロサージュリー

急性脳腫瘍や脳腫瘍の治療方法として、最近注目されているのが、マイクロサージュリーです。

脳腫瘍手術の際に、脳の組織を拡大しながら手術を行い、ガンマナイフと呼ばれるピンポイントで放射線を照射して、外科手術を行うという方法です。

この技術のおかげで脳腫瘍の治療は格段に進歩していきました。

まとめ

24時間テレビスペシャルドラマの急性脳腫瘍の症状と治療方法は?

24時間テレビスペシャルドラマ

関連記事:
24時間テレビドラマ歴代視聴率ランキング2015年度版

Hey! Say! JUMP山田涼介さん主演のドラマ「母さん、俺は大丈夫」

急性脳腫瘍と戦う諒平をどう演じるのか。そして、急性脳腫瘍と言う誰にでもいきなり現れる病気をどう表現するのか。

ものすごく楽しみなドラマですね!

24時間テレビ情報まとめ


ヴィロガーはそう思うのでした…
今日も楽しんでいただき、ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)