遊覧飛行と慣熟飛行の違いって何?調布セスナ小型機墜落事故

ヘイ、ヴィロガー!

調布市の住宅街に墜落した小型機

その事故について、新たな疑惑が浮上してきたそうです。

パイロットは、慣熟飛行ではなく、遊覧飛行をしていた!?というものです。

慣熟飛行と遊覧飛行って何が違うのか?

その点をまとめましたので、ご覧ください。

小型機墜落事故

調布市の小型機墜落現場

調布市の小型機墜落現場

黒木瞳が映画監督デビュー!小説「嫌な女」のあらすじは?

調布飛行場を飛び立った小型飛行機が1分もしないうちに、住宅街に墜落してしまった。

そのときの乗客は、5人

事故で、亡くなったのは、パイロットと元ANAの職員と住宅の住人の3人

事故内容は、このように報道されています。

この事件、かなりの闇が裏側にありそうに感じます。

飛行の経緯

※パイロットの関係者サイド

搭乗者が希望したフライトで、川村パイロットは一旦、断る。

搭乗者は、川村パイロットの会社日本エアロテックの小山純二社長と付き合いの有る人で・・・

どんなやり取りはあったか分かりませんが・・・

断りきれず、飛行目的を「慣熟飛行」と記載してフライト。

※日本エアロテックと小山社長サイド

 

「(技能維持のための)慣熟飛行だと認識しています」

記者会見で小型機の飛行目的は「遊覧飛行ではなかった」と強調

食い違いが発生。おかしいですよね

そもそも慣熟飛行と遊覧飛行って何なんでしょうか?

慣熟飛行と遊覧飛行の違い

慣熟飛行は、パイロットの技術向上のために行われるもの

遊覧飛行は、乗客を乗せて、文字通り景色を楽しむ目的で行われるもの

どっち?

どう思いますか?

専門家の意見が必要ですか?完全に遊覧飛行ですよね。まず、飛行ライセンスを持っていない人が、複数人乗って、技術の向上のためにフライトしますか?

・・・接待フライト

たぶん今回だけじゃないんじゃないかと思います。

付き合いの有る社長さんが、「伊豆の景色を見に行きたい。」と言って、小山社長に依頼があったのか?そして、川村機長は、断りきれなった。

そんな状況だったのではないかと、想像できますね。。。
真相はどうなんでしょうか?

まとめ

小型機

慣熟飛行と遊覧飛行の違い

黒木瞳が映画監督デビュー!小説「嫌な女」のあらすじは?

遊覧飛行が禁止されている調布飛行場で行われた「慣熟飛行」と申告があった遊覧飛行は、今後どのように暴かれていくのでしょうか。

航空局にまで飛び火していくように感じます。空という一般の人が踏み入れない場所で起こった今回の事故。今後再発の無いように徹底してもらいたいです。

搭乗して事故にあった本人達は自己責任でしょうがないかもしれませんが、今回巻き沿えになった住人の人は、一週間前に引っ越してきたばっかりだったという・・・

今後進展があれば、取り上げていきたいと思います。


ヴィロガーはそう思うのでした…
今日も楽しんでいただき、ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)