グーグルが新会社アルファベット(Alphabet)を設立!由来と新社長は誰?

ヘイ、ヴィロガー!

グーグル(google)が、新会社アルファベット(Alphabet)を設立

そんなニュースを耳にした人も多いと思います。

そんなグーグルの組織再編について、

新社長サンダーピチャイ経歴はどうなるのか?
株式数株価はどうなったのか?

グーグル組織再編

グーグルの新会社アルファベット

アルファベット

関連記事:
サンダーピチャイ氏がグーグル(google)の新社長に就任!経歴は?

世界中で使われている検索エンジン「google」

そのグーグルは、1988年にカリフォルニアのガレージで設立されました。

そして、瞬く間に世界中にインターネットを普及させ、2004年に上場しました。

創設者

ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン

二人は、スタンフォード大学のコンピュータ科学の博士課程のときに出会い、

The Anatomy of a Large-Scale Hypertextual Web Search Engine

を二人で共著した。そして、修士課程を終えた後、休学し、グーグルを創立。

その後、2001年4月頃まで、共同社長兼最高経営責任者を務めていましたが、2001年7月に最高経営責任者の職をエリック・シュミットに譲りました。

その後は、3人による三頭体制で経営を行っていたが、2011年4月4日にラリー・ペイジが最高経営責任者(CEO)に復帰しました。

また、上場前の彼らの給料は、1ドルといわれているのは有名ですが、上場によって彼らが得た報酬は・・・

$30 BILLIONドル

それぞれの報酬です。

そんな彼らは8月10日に新たに新会社アルファベット(Alphabet)を設立しました。

アルファベット(Alphabet)

アルファベットという社名は、

プラスアルファという言葉を知っていると思いますが、alpha(予想以上のリターンを出す)、bet(賭け)という意味があります。

そして、持ち株会社の体制をとり、グーグルの株式は、アルファベットに移管されます。

アルファベットのURLがとてもおしゃれです!

abc.xyz

これは、ウェブを操作できるグーグルだからなせる業ですね!すばらしい。

そして、アルファベットの経営は、

最高経営責任者は、ラリー・ペイジ

社長は、セルゲイ・ブリン

の体制で行われます。

そして、グーグルは、アルファベットの子会社となるのです。

気になるグーグルの新社長はというと、サンダーピチャイ氏が引き継ぐことになります。

サンダーピチャイ氏についてはこちらの記事をご覧ください。
サンダーピチャイ氏がグーグル(google)の新社長に就任!経歴は?

組織再編の狙い

今回の組織再編の狙いは、グーグルやYoutube等の関連子会社のベンチャー事業の活性化です。

アルファベットを設立することで、経営や事業の統括が出来、最新技術や新鋭の技術者がより、ベンチャー作業に集中できる。

という狙いがあるのだ。

今回の新会社アルファベットの設立によって、グーグルの株価は、6%上がった。

それだけ、グーグルのより前向きな経営が市場にも評価されているという証ではないだろうか。

まとめ

関連記事:
サンダーピチャイ氏がグーグル(google)の新社長に就任!経歴は?

今回グーグルの新会社設立の話題は、かなりすごいものになったが、創立時とは、事業内容が多岐にわたってきて、新たに子会社を設立することはよくあることだが、

グーグルほどの大企業が行ったことで、世界中の大企業に、その流れが波及していきそうです。

今後グーグルがどんな斬新な事業を展開していくのか、楽しみでなりません。


ヴィロガーはそう思うのでした…
今日も楽しんでいただき、ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)