ミクロネシア連邦サッカー、114失点。ネットで「俺でも勝てそう」

ヘイ、ヴィロガー!

ミクロネシア連邦サッカー代表が3試合で114失点!

ミクロネシア連邦の監督が「大人と子供」ほどの実力さがあったと認めており、
FIFAに技術支援を求めているというのだ。

その試合内容を過去のギネス失点記録を合わせてお送りします。

ミクロネシア連邦代表

まず、ミクロネシア連邦の場所だが、
オーストラリアの右上、グアムやサイパンのやや下に位置する島です。
micronesia

海が美しいミクロネシア連邦!
スキューバダイビングをしにいきたくなるような場所です。

micronesia

サッカー代表

ミクロネシア連邦にはサッカー協会がない。
練習試合の調整もままならない環境で、対戦相手はオセアニアや
FIFAに加入していないチームであるという。

今回の試合内容

結果は、大敗

0-46

今回、「パシフィック・ゲームス(Pacific Games)」に参戦したミクロネシア連邦は、
第1戦フィジー共和国に
0-38

第2戦、タヒチに
0-30

第3戦、バヌアツ共和国に
0-46

結果、ミクロネシア連邦は、グループリーグ3試合で
合計114失点

31-0

過去の国際試合の最大得点差の公式記録です。
2001年オーストラリアvs米領サモア

今回その記録を大きく上回る?結果となってしまいました。

ネット上のコメント

個人的に面白いと思ったコメントをご紹介します。

バヌアツつええええええええええええ
最強じゃね

 

2分に1点てどんな試合だよ

 

思ったほどひどくない
単に気の抜けた練習みたいな感じ

 

日本なら0-0

試合後のコメント

試合後、監督はこう語ったという。

「選手たちのほとんどは、1人で自分の村や島から出たこともない。彼らをグアムに連れて行ったんだが、その時初めてエレベーターやエスカレーターに乗ったんだ。彼らにとっては大きなステップアップだし、驚いていたよ」

また、FIFAに公式ランキングにミクロネシア連邦を加えてほしいと訴えかけました。
ランキングに加えられれば、正式にFIFAから視察が入り、技術の向上につながることを考えたためです。

「どの試合でもスコアについて気にする必要はない」

監督のミクロネシアサッカーの今後を思う気持ちが伝わってくるコメントでした。

ミクロネシア連邦

・地形的に練習がうまくおこえない状況

・サッカー協会が無い

・まだ、サッカーが浸透していない。

海がきれいだ

まとまりの無い記事でしたが、
今後もミクロネシアのサッカーから目が離せません。

初勝利を見るまでは!

最多得点差で歴史的大敗をした米領サモアは、
史上最低のチームと言われながらも、戦うことを諦めず10年後
2011年トンガ戦で歴史的な初勝利を手にしているのだ。

がんばれ!ミクロネシア!!


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)