終戦記念日の黙祷は時間はいつ?正しい黙祷の仕方は?

ヘイ、ヴィロガー!

8月15日終戦記念日です。

8月15日には黙祷をするのですが、その黙祷の時間いつなのか?

意外と知らない正しい黙祷仕方とは?

あわせてみていきましょう。

終戦記念日の黙祷の時間

関連記事:
堀北真希が演じた特攻女性は実在の人?原作本は『妻と飛んだ特攻兵』

8月15日は終戦記念日です。

そして、黙祷の時間は、正午(12時)から1分間です。

なぜ終戦記念日といわれるかというと、1945年に戦争が終結したからです。

もしかしたら意外と知られていないかもしれないのですが、
1945年8月14日が日本政府がポツダム宣言を受諾し、連合国に降伏した日
1945年8月15日に昭和天皇による終結の文章が玉音放送されて、日本の降伏が国民に公表された日なのです。

その後、1963年から毎年8月15日に「全国戦没者追悼式」が行われるようになり、

1982年の閣議決定により、8月15日が「終戦記念日」として、戦死者を追悼し平和を祈念する日となりました。

雑学知識

さらに加えておくと、

1945年9月2日は日本政府はポツダム宣言を基にした降伏文章に調印した日です。

なので、日本では終戦記念日は8月15日ですが、

アメリカ、イギリス、フランス、カナダ、ロシアは、9月2日が終戦記念日です。

黙祷の意味

黙祷とは、

黙・・・黙る
祷・・・祷る

事です。

黙祷の持つ意味合いは、死者と生者の関係を考えるときと言われています。

いろいろな場面で黙祷をすることがあると思います。それでいいのです。

黙祷とは人によりそれぞれ異なっているのだと思います。

ただ、終戦記念日の黙祷は特別なものなので、戦没者や戦争について考えて頂けたらと思います。

毎年甲子園の最中に黙祷が入るのはよく目にする光景ですね。

正しい黙祷の仕方

実は黙祷の正しい仕方は無いんです。

目を開けていても良いんです。

黙って、音を立てず祷る。

しかし、目を開けていては、ボーっとしているように思われてしまうので、周りに合わせるのであれば、以下の2点を実行してください。

①目をつぶる

②30度ほど頭を下げる

この状態で、1分間戦争や戦没者のことを考えてみてください。

再度になりますが、黙祷の時間は、8月15日正午(12時)です。

まとめ

終戦記念日の時間と黙祷の仕方

終戦記念日の黙祷

よく読まれている記事:
『永遠の0』で宮部久蔵が臆病者となぜ呼ばれるのか?ネタバレ有り

1945年から今年で70年、戦争を体験してきた方達がどんどん少なくなってきた現代。

戦争がいかに残酷で絶対に起こしてはならないものかどうか、再度考えなければならない。

そんな時代になってきたように感じます。

明日改めて、皆さんご一緒に黙祷して考えましょう。


ヴィロガーはそう思うのでした…
今日も楽しんでいただき、ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)