ミュゼプラチナムが倒産?解約や返金方法を知って施術料を今すぐ!

ヘイ、ヴィロガー!

ミュゼプラチナム倒産の危機にある!と言うことをご存知でしょうか?

もし、倒産したら?考えたくは無いですが・・・

万が一のために備えて、知っておきたい脱毛契約の解約施術料返金方法を調べました。

今後どうなるか分からない状況ですので、是非今の内に知識の一部として知っておいていただきたいです。

ミュゼプラチナム倒産?

前回の記事でも取り上げたのですが、ミュゼプラチナムが経営破たんしているんです。

先にお伝えしたいのは、

経営破たんというのは、「倒産した」とか「つぶれた」と言う状況ではないと言うことです。

分かりやすく?ジンさんという個人の方の例で説明させて頂いているので、この記事をご覧ください。
ミュゼプラチナム経営破綻でつぶれたら支払済み施術料の返金は?

まず、どういう状況か簡単にお伝えしておくと、ミュゼプラチナムを運営しているジンコーポレーションが、借りているお金や支払うべきお金を払えない状態になっているという事です。

これが経営破たんです。言葉の通り、経営が「破綻」つまり、壊れてしまっている。

そういう状態が3ヶ月くらい続いているという事が分かったのです。

これが、続くと、どうなるのかと言うと会社は倒産してしまいます。

倒産した後は、既に支払っている施術料の返金はされないことが多いです。

そんな状況で、ご不安の方もいらっしゃると思いますので、ミュゼプラチナムの脱毛やエステ契約を解約する方法を調べましたので、ご覧ください。

解約方法

ミュゼプラチナムといえば、解約できる!全額返金!が売りの脱毛サロン最大手の会社ですよね。

現在、契約している会員数は240万人

そのほとんどの方が、回数制の脱毛をされており、基本的には、「前払い」をされています。
※前払いについて何が怖いか詳しく知る。

1点言っておきたいので、ご了承ください。あくまで解約を勧めているわけではありません。

倒産すると言う噂を聞いたので、解約して全額返金してほしい!

というのは、相手にしてもらえないと思います。ミュゼプラチナムとしても倒産しないようにがんばっている状態なので、「倒産などと言うことは無いので、ご安心ください」と言われると思います。

解約するために知っておきたいこと

ミュゼプラチナムを解約できるのは契約した店舗のみ

ミュゼプラチナムの脱毛契約等を解約できるのは契約した店舗のみなので、その点を知っておきましょう。

引越ししちゃっている・・・といった人は、ミュゼプラチナムのHPにこう記載がありました。

お引越しなどでご契約店舗への来店が難しい場合は、
現在お通いいただいているサロン、またはコールセンターまでお問合せください。

それが分かったら次にするのは、電話!

0120-965-489

ミュゼの会員番号が分かる方は、事前に調べておきましょう♪
電話番号でも検索してくれます。

店舗の電話が分かる場合は、直接店舗に電話されたほうがスムーズです。

なぜかというと、フリーダイアルは、とても混んでいて、長い時間またされます。
私が電話したときは、10分くらい待っても誰にもつながらなかったです。混んでいる時間だったんですかね・・・

もうひとつの理由が、解約のためには、店舗に来店する必要があり、コールセンターへの電話は、解約来店のために店舗に転送されるからです。

電話がスムーズにつながり、ミュゼプラチナムを解約するための来店予約が取れたら、後は店舗に行って施術料の返金をしてもらいます。

施術料返金方法

ミュゼプラチナムの契約した店舗へ来店し、解約をしてもらいます。

返金を受けるために、施術料の支払いをした、もしくは、しているクレジットカードと銀行等の通帳またはキャッシュカードを持っていってください。

クレジットカードを持っていく理由は、一度引き落としになってしまったりした場合は、クレジットカード会社に返金処理をしてもらうためです。

銀行などの通帳またはキャッシュカードを持っていく理由は、返金するに当たり、返金を受け取る口座をミュゼに知らせなければならないからです。

スムーズに解約のやり取りが済めば、30分ほどの解約来店で、ミュゼプラチナムの脱毛契約等の返金処理が終わります。

まとめ

ミュゼプラチナムが経営破たんでつぶれると支払済み施術料の返金はあるの?

ミュゼプラチナム経営破たん

関連記事:
ミュゼプラチナム経営破綻でつぶれたら支払済み施術料の返金は?

ミュゼプラチナムのジンコーポレーションが経営破たんした!?

倒産の危機にきている。これはかなり大きな被害や流れになりそうです。

NOVAの倒産のときもかなり大きな問題となりました。契約料や施術料を事前に払っている方が多いミュゼプラチナムだからこそという事でもあります。

家庭用脱毛器の売り上げが上がってきている状況で、ミュゼプラチナムが倒産せずに、持ち直していけることを祈っています!


ヴィロガーはそう思うのでした…
今日も楽しんでいただき、ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)