高田純次「情熱大陸」出演「年をとってやってはいけない3つのこと」かっこいいと話題に

情熱大陸

そう聞くと、「おっ誰が出るんだろう?」時になる人も多いと思います。

情熱大陸には今まで、数々の方が出演されていますが、お堅い職業であったり、きちっとした人が出演してきた。

今回「自称:職業マジシャン高田純次出演」のニュースに驚いたのは、私だけではないだろう。

みんなに愛される高田純次、その秘密が少し分かった気がする。

takada

肩書き無名の男

今まで、情熱大陸に出演してきた人は、肩書きがついていた

例えば、歌舞伎役者、舞台俳優、、、etc

高田純次はこう答える

”自分はマジシャン”

自分のことは、分からない。

肩書きは自分で決めるものではなく、周りが決める。

だから自分は、マジシャンなのだ。と。

20年間どこかにおいてきちゃった

周りの人は、舞台だったり、俳優として磨いてきている。

自分は、20年間何もしていないと高田純次は言う。

彼の言葉にだまされそうになるが、

そんな彼は、35年間テレビの一戦で活躍し続けているのだ!

「帰省ラッシュの高速渋滞でイライラしてたら
車を降りて走って帰った方がいいんじゃない
後の事は知らないけど」

寺尾聡は言う

高田純次について、こんなこといったら詰まんなくなっちゃうかもしれないけど

くそ真面目・誠実・勉強家

「無責任男」の看板を自分から背負う高田純次

その姿からは、想像がつかない面が数多くある。

彼は、意図して「高田純次」なのだ!

みんなに愛されるキャラ

takada2

私も実は、高田純次のファンである。

彼の魅力はなんと言っても、人に嫌われないことである。

彼のことを鼻で笑う人はいっぱいいるかもしれない

しかし、「高田純次が嫌いだ」という人はあまりいない。

”いいことばかり続くわけがないんだ。でも、これは言い換えれば、悪いことばかりが続くわけでもないということ。やまない雨はないんだから。もし、いま悪いことばっかり続いている人も、気楽に行っちゃっていいってことだと思うよ。”

本もDVDも売れちゃっている

高田純次 芸能生活だいたい35周年記念DVD 『純白』

2014年の闘病生活を知っていましたか?

高田純次実は、2014年重度の椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症

ツイカンバンヘルニア

セキチュウカンキョウサクショウ・・・

つまり、足と腰に激痛が走る状態でTVや舞台の仕事をこなしていたのだ。

確かに、2014年は少し彼の姿をテレビで見る機会が少なかったようにも感じた。

2015年2月4日退院し、今は元気に活動している。

年をとったらやってはいけない3つのこと

説教、昔話、自慢話

それをしないからボクには、エロ話しかすることが無い。。

もうかっこよすぎます!!

職業「高田純次」

彼の仕事は、肩書きが無い。

芸能界でも珍しいほどの唯一無二の存在だ。

これからも大好きな高田純次であり、マジシャンであってほしい。

”80まで生きられればいいかな。

最後に、おしり出して終わり。

「こんなの出してすいません」って終わりたい”


ヴィロガーはそう思うのでした…
今日も楽しんでいただき、ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)