牛田智大、天才ピアニストの両親は?誰に師事している?

ヘイ、ヴィロガー!

今日紹介するのは、牛田智大さんです。
彼は、史上最年少ピアニストです。

そんな牛田智大さんの魅力について、

・何が史上さん年少の記録なのか。
・彼の両親はどんな方なのか。
・現在、師事しているのは誰なのか。

まとめましたので、是非ご覧ください。

牛田智大

ushidatomoharu

史上最年少上場に挑戦している女子高生社長の記事
椎木里佳女子高生社長「かわいいを社会に発信」起業したのは父親の影響?

日本のクラシックピアニストとして、若干12歳の史上最年少の若さで、CDデビュー。

彼がどれだけすごいか、一緒に見て行きましょう。

1999年10月16日生まれ
福島県いわき市出身
愛知県名古屋市育ち

牛田智大と書いて、「ともはる」と読みます。ともひろと読みたくなってしまいますよね。

生後7ヶ月のときに父親の転勤で、上海に移住。

家にあった電子ピアノで、聴いた曲を耳コピーで弾くようになり、両親はピアノを習わせるようにした。

ココまでは、普通にありそうなお話。

最初に教えてくれたのは、陳融楽先生だったそうです。そしたら、もっと専門的な先生の下で学べきだと上海音楽学院の鄭曙星先生から学ぶようになったそうです。

小学校入学と共に、日本に帰国し、名古屋市立笹島小学校を卒業。

牛田智大くんの日本語がとても丁寧なのをご存知ですか??彼は、上海で幼少期を過ごしたため、TVで流れているNHKから日本語を学んだため、すごくきれいな日本語をしゃべるというのです。

日本に帰国後は、金子勝子先生を師事し、コンクールに出場しだしました。

2007年で、小学1年生で出場した「ショパン国際ピアノコンクール in Asia」でファイナルの一歩前まで残ります。

そのときに事を牛田さんは、こう語っています。

「ショパン国際ピアノコンクール in Asia に参加したことは、僕にとって貴重な経験だったと思います。このコンクールの魅力は、ファイナルでポーランドの有名な先生方に演奏を聴いていただけることなんですが、小学1年生で初めて参加した時はファイナルに進めず、ちょっと悔しい思いをしました。」

普通なら「へー」で終わる話なんですが・・・
これ以降2008年から2012年まで・・・

  • 2008年 – 第9回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 小学1,2年生部門 金賞第1位
  • 2009年 – 第10回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA コンチェルトA部門 金賞第1位(大会部門史上最年少)
  • 2009年 – 横浜開港150周年記念コンクール」小学生部門 第1位・特別賞
  • 2010年 – 第11回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 小学3,4年生部門 金賞第1位
  • 2010年 – 第2回ヤングピアニストコンクールC部門 第1位
  • 2011年 – 第12回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA コンチェルトB部門 金賞第1位(大会部門史上最年少)
  • 2012年 – 第13回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA コンチェルトC部門 金賞第1位(大会部門史上最年少)
  • 2012年 2月 – 第16回浜松国際ピアノアカデミーコンクール 第1位(史上最年少)

すべて1位です。
そして、一番すごいことが、2012年を見てください。彼が金賞を獲得したのは、「年齢制限なしの部門」です!!そのとき、当時12歳。

その実績から、2012年3月に、クラシックピアニストとして史上最年少でCDデビューを果たします。

文章では伝わりきらない部分もあるかもしれませんので、実際にお聞きください。

牛田智大 – リスト:愛の夢(ショート・ヴァージョン)

動画

 

両親

天才ピアニストと聞くと私のような素人は、どんなご両親が英才教育をされて、育ったんだろう。育て方が気になるな。と思ってしまいます。

そんな牛田智大さんの父親は、音楽関係の職業をされていないそうです。

さらに、wikipediaには、こんな文章も書かれていました。

幼稚園の時に父親からピアニストになる目標に対して一度は反対されたが、「自分の人生なので、自分で決めさせて欲しい。」と父親を説得した。

ちょっと脚色があるような気がしますが、父親はピアニストになることに反対していたみたいですね。

母親の情報は、残念ながらありませんでしたが、音楽関係の職業をされていないようです。

牛田智大くんの登場によって子供がピアノがうまくないのは、自分が音楽に詳しくないからだという言い訳が出来なくなってしまった。。。

天才の伝説は尽きることが無い。

彼は、0歳のときからピアノを弾くことでき、わずか2歳で「バッハのイヌエット」を両手で弾くことが出来たというのです!

彼のコンサートがあれば、是非聴きに行きたい。
もうファンになってしまいました。

現在の活動

2015年の春に中学を卒業し、大阪のシンフォニーホールで演奏されています。

また、2015年にミハイル・プレトニュフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団との日本公演が・・・終わってしまっています。

見つけました!

次回コンサート

2016年1月23日(土)17:00

愛知芸術劇場コンサートホール
3,800円

CD

師事

牛田智大くんが誰に今師事しているか気になるところだと思います。

彼は、現在、モスクワ音楽学院ジュニア・カレッジに在籍しています。

モスクワ音楽院のユーリ・スレサレフ氏とウラディーミル・オフチニコフ氏の指導を受けています。

そんな先生達を牛田さんはこう表現してくれています。

「おふたりの教授は、細かいディテールではなく、作品の本質をとらえて大きな指針を示してくださいます。技術面では、やはり打鍵です。指だけで弾くのではなく、肩から上半身を使って鍵盤に重さをのせて、コロコロとボールを転がすように重さを移動させてパッセージを弾くことを学んでいます。ロシア・ピアニズムの特徴は、美しい音色の繊細なグラデーションと“ピアノで歌うこと”なんだなと思います」

プロピアニスト

正直私は、音楽等の芸術センスが無いので、彼の語る世界が10分の1も分からないのかもしれませんが、本当に1流の方なんだと思います。

ピアノというひとつのことにとことんまで向き合って、今もまだ、新しい弾き方や音楽との出会いを生き生きと語っている牛田智大(ともはる)さんはとても素敵で輝いています!

私はあなたのファンになりました!応援しています。


ヴィロガーはそう思うのでした…
今日も楽しんでいただき、ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)