ジャーナリストの安田純平氏、シリアでISに拘束される!?

ヘイ、ヴィロガー!

タイトルを見て、いろんなことを思う人がいると思います。

出来る限り中立的このニュースをお届けします。

ジャーナリスト安田純平さんがシリアで拘束されているのではないか。
そういう情報が今ネットで出回っているので、調べました。

その経緯とさまざまな意見を一緒に見て行きましょう。

内容

消息を絶ってから3週刊以上が経つ日本のフリージャーナリスト、
安田純平さん(41)がシリアで拘束されたのではないか。
との懸念が高まっている。

6月23日に、トルコからシリアに入国する計画だと親しい友人に語ったらしい。
親しい友人は、匿名を希望している。

下記のtwitter投稿を最後に連絡が途絶えている。

記者会見

7月10日岸田外務大臣が記者会見で質問に答えた。
※外務省ホームページより引用

【フジテレビ 藤田記者】
フリージャーナリストで安田純平さんという方がシリアで今連絡が取れなくなっている状態にあるということなのですけれども,彼に関する情報などは外務省の方に入っているのでしょうか。

【岸田外務大臣】
少なくとも今現在邦人が拘束されたという情報には接してはおりません。平素から様々な情報収集に努めてはおりますが,今申し上げたような情報には接してはおりません。

【テレビ東京 鵜飼記者】
その安田さんのことなのですけれども,今シリアに入っているというのは外務省としては把握されているのでしょうか。

【岸田外務大臣】
そのことも含めて私(大臣)は確認はしてはおりません。

政府としては、今のタイミングでこの件を
表に断じて出したくないはずだ!

何といっても、安保関連法案。

安保法案

強行的に

反民主主義的に

反法治国家的に

海外での自衛隊の戦闘行為を認める
安全保障関連法案が可決された今
もし、この話題が広まれば、反対派が過激派組織
ISISとの戦いにも日本は巻き込まれる可能性があることを
意識してしまうと考えているから、

安田氏の安否の情報は、当然入ってきているはずだが
表に出すことは無い方向で進むだろう。

渡航禁止している国に、どんな日本人が入る可能性が
あるかどうかを把握していない。

そう、高らかに宣言できる。のも逆に素晴らしい。

何も管理できていません!ということだろうか。

ここまで、日本政府について言及したが、
安田純平というジャーナリストについても触れておきたい。

安田純平

yasuda

この顔に見覚えがある人はいないだろうか?

そうです!

2004年バグダッドで武装勢力に拘束された日本人ジャーナリスト
その人が安田純平さんなのだ。

2003年ふりーとなり、同年2月からイラクに滞在しナジャフ県、バグダード、サマーワなどを取材。この間イラク軍やイラク警察に数度拘束される。2004年4月14日、ファルージャ近郊で武装勢力に拘束(イラク日本人人質事件)されたが、17日解放。この経緯が日本国内で大きく報道され、バッシングを受ける。海外メディアからは、被害者に対する攻撃への疑問が相次いだ。

以前も紛争地域に行って、拘束されている経験を持っているのだ。

この件に関しては、個人の意見となってしまうし、
かなり意見が分かれてくると思うので、あまり言及はしない。

まとめ

今の日本は、完全に情報が操作されだしてきている。

どう考えたって、政府が知らないはずは無いのにかかわらずである。
安保法案は何のための制度なのか。

今後も追いかけていきたいと思います。


ヴィロガーはそう思うのでした…
今日も楽しんでいただき、ありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!

 


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)